「街の匠」東京新聞 2007/ 7月3日に掲載されました

東京新聞会社の扉を開けると、楽器と向き合う三人の技術者たちの姿が目に飛び込んでくる。「修理技術で豊かな音が生まれることを伝えたい」とサト・テクノ・ミュージックを設立。腕の良さは口コミで広がり今や依頼は全国から。8年間で延べ1万5千の修理、調整を手掛けた。(一部抜粋)



「木管楽器技術者の視点」PIPERS 2007/ 5月号に掲載されました

keisai mizuどんなに選んだ良い楽器でも、買いっぱなしのまま後のケアをおろそかにしたのでは元も子もない。日頃から注意すべきメンテナンスの要点とは?日本を代表する木管修理技術者の一人、サト・テクノ・ミュージックの佐藤哲夫氏さんに聞いた。
(一部抜粋)



「話題のブランド探訪」PIPERS 2004/ 2月号に掲載されました

keisai buru今回話を伺ったのは、創業当時からブルゲローニ・オーボエに詳しい佐藤哲夫さんが代表を務める株式会社サト・テクノ・ミュージック。
「安いモデルは装備を減らしたり音孔のアンダーカットを省いたりするものだけれど、ブルゲは手抜きが一切なくこの価格でフル装備ですからね」(一部抜粋)




「工場探訪」PIPERS 2000/ 4月号に掲載されました

DSCN0226 ビュッフェ・クランポン社で30年以上にわたり修理技術部門を統括し、昨年夏に独立した大ベテランは元東京交響楽団のオーボエ奏者。師匠・鈴木清三氏の紹介でこの世界に飛び込んでから、ほとんど独学で研鑽を重ね、後にはわが国を代表する技術者の一人にまでなった氏の様々なエピソードは興味深い。(一部抜粋)